海外カジノ遠征記 ~マニラ11,12日目・収支$2000達成~

マニラのカジノ飯(6)

最近はWorld Resort Manilaの飲食店を紹介してハンドレビューをするだけのブログになっちゃってるけど、実際そういう生活なんだ。

起きたら仕事して、ブログを書いて、外食して、夜はポーカー。健康に悪そうだね。

うん、明日からジムにでも行こうかな。というわけで、今日はガッツリ肉を食べよう!

突然どうしたのさ?

明日からバリバリ運動するんだから、その前に体力をつけておかないとね。

メチャクチャな理屈だなあ。

今日はフィッシュかもNujaと一緒にの2階にあるWolfgang's Steakhouseに来てみたよ。

いかにも高級っぽい雰囲気!これは期待!

うん、3人とも意気揚々と乗り込んだよ。でもね・・・僕たちには高級すぎたよ。

そんなにお高いの?

この店で飲んで食べたら一人2万円は必要だね。

高ッ!

さすがに1食で100bbも出せなかったよ。でも頭はもう肉!肉!になってたから、もっとお手頃な店を探したんだ。そこでたどり着いたのが2階のFIERY STYLEだよ。

FIERY STYLE ★★★★☆

ここもすてきな雰囲気だね。

メキシカン料理の店なんだ。メインはステーキ!

ウオオオッ!肉ッ!

3人で1キロのステーキをシェアすることにしたよ!テンション爆上がりだよね。

店のすぐ外にはステージが。生演奏をやってたよ。そしてしばらくしたらお待ちかねの肉が。

来たぁ!

柔らかくて美味しいランプステーキだったよ。グレイビーソースとの相性も抜群。これで一人400ペソ(800円)なんだから最高だね。

ドリンクにアイスティーをピッチャーで。あのね、僕らはノンシュガーで頼んだんだ。

甘いお茶とステーキなんて合わないもんね。

でも出てきたのは超甘い紅茶。午後ティーより甘かったよ。

ノンシュガーってちゃんと伝えた?

何度も念を押したんだけどね。多分、そもそもお茶は甘いものだという認識があるんじゃないかな。ノンシュガー=追加の砂糖はなし、と受け取られたのかもね。

あ、そういえば海外のコンビニの緑茶にも砂糖が入ってるしね。確かにそうかも。

さて、ステーキで腹ごしらえもしたことだし、今日もカジノに向かおうかな。

 

今日の戦績

今日はカジノのエントランスでモデルさんがお出迎え。お願いして写真を撮らせていただいたよ。

ビューティフル・・・。

キレイなお姉さんにGood luck, sir!って言われたら気合いが入るってもんだよね。

今日もお目当ての100/200(2/4$)をリザーブしておいて、まずは50/100(1/2$)をプレイしたよ。しばらくして100/200が空いたからテーブル移動。

うん、100/200は快勝だね。

序盤は全くチャンスが来なくて耐えるポーカーだったよ。でも最後に大きなポットが取れてラッキーだったかな。次の章でハンドレビューをするね。

 

今日のハンドレビュー

100/200のハンドだよ。

f:id:Poker_JAWS:20181122195358g:plain

2/4$ SB AhAs
Limp, SB r ,BU c
5h5s5c3cKs
b r c
x b c
x x
SB shows AA, BU mucks

お、AAだね。

うん。当然リンプに対してアイソレートするんだけど、僕はSBでポストフロップのポジションが良くないから、少し大きめにレイズしたよ。

BUだけがコールしてヘッズアップと。

フロップは5が3枚。まずは自分のハンドの強さを図ろうか。

AAが最強のフルハウスができてるよね。

うん。でも、このBUのプレイヤーは超ルースアグレッシブなレギュラーで、彼がリンプ/コールするレンジには5Xsが入っているんだね。だからナッツ(クワッズ)を持っているとしたら、BUのほうなんだ。もちろん僕のAAはセカンドナッツなんだけど、そこだけは注意だね。

ふむふむ。

BUのレンジにはすべてのポケットペアが入っているし、ひとまずポットの33%のCBを打ったよ。バリューベットだね。

そうしたらレイズが返ってきましたと。

うん。レイズに対してはコールで問題ないと思うよ。ナッツは相手にあるし、このままセカンドナッツでブラフキャッチに行こうと思ったんだ。

ターンの3は?

これは僕にとってうれしいカードだよ。相手が33を持っていても、僕のAAのフルハウスのほうがまだ強いからね。それに、オーバーアグレッシブなBUは僕のAKやTTをフォールドさせたいだろうから、このままベットしてくれそうなターンカードでもあるね。

で、やっぱりターンもベットしてきましたと。

うん。彼のターンベットはポットの60%ぐらいのサイズ。スタックサイズ的にリバーで僕コミットするけど、もちろんフォールドはないよね。

リバーも続けてチェックしたよ。オールイン要求もさすがにコールしちゃうなーと思って見てたけど、さすがの超アグレッシブな彼も諦めたみたい。

あらら。残念だね。

このプレイで本当に最大限バリューが取れたのかな?ちょっと微妙なプレイだったかもね。もしかしたらもっと良いプレイラインがあったかもしれないよ。

さて、もう一つ見てみようか。これも100/200でのハンドだよ。HJからQQでプレイしたよ。

f:id:Poker_JAWS:20181122203226g:plain

$2/4 HJ(200bb) QhQs
UTG3(MP1) Limp, HJ r 20, BU c, UTG3 f
KcTs5d2sKd
x x
b32 c
b40 c
BU shows 6h6d

プリフロップは標準的なアイソレートだよね。コールしたBUは重度のコーリングステーションなんだ。プリフロップの3ベットに95sでOOPからコールしてるのを目撃したからね。あらゆるポケットペア・スーテッドハンド・コネクタを彼は持ってると考えていいだろうね。

変なツーペアとか作られそうで怖いなあ。

フロップは小さなCBを打つか迷ったけど、今回はチェックしてポットコントロールを選択したよ。

相手がコーリングステーションなら大きくCBを打ってもいいんじゃない?

このスポットのバリューターゲットはKより小さいペアとストレートドローということになるのかな。でも、僕はQを2枚ブロックしてるから、ストレートドローのQJ、Q9、AQを相手が持ってる可能性が低くなってるよね。だからバリューターゲットが少なくなってるんだ。いくらコーリングステーションといえどもフロップ、ターン、リバーとトリプルバレルを打ってTのペアでコールしてくれるか微妙だしね。

さらに言えば、Qのブロックは相手のブラフレンジを狭くしてるんだ。例えば、QQがフロップでCBを打って、それに対してBUがレイズを返したり、あるいは単にコールしてフロートしてきたとしようか。その場合、彼はKペア、ツーペア、セットなんかの強いハンド(バリューレンジ)と、QJやQ9なんかのドローハンド(ブラフレンジ)の両方を持ってるはずだけど、ブラフレンジに使われるQが2枚ブロックされてしまってるから、僕から見てBUのレンジがややバリュー過多になるんだね。そんな展開は僕にとってうれしくないよ。

なるほど。

というわけでフロップはチェックを選択したよ。ターンの2sは相手が22や43sを持ってない限りラグだね。フロップのBUのチェックで彼がKを持っている可能性が低くなったから、ターン、リバーで2回バリューを取りにいくことにしたよ。

バリューターゲットはやっぱりTとかストレートドロー?

基本的にはそうなるよ。さっきも言ったようにあまりバリューターゲットは多くないことに注意だね。

リバーのKdは?

これは僕にとってうれしいカードだよ。ターンで僕のQQが勝ってるなら、リバーでも勝ってるだろうからね。Tのペアやポケットペアに対してb/fの予定でシンバリューベットを打ったよ。

で、BUが持っていたのは66かあ。

彼は僕のブラフをキャッチしにいったみたいだね。このスポットではマックスバリューが取れたんじゃないかな。満足してるよ。

さて、今日で旅の収支は$2000を突破!このまま順調に$3000、$4000と増やしていきたいね。次回もよろしくね。

収支(~11日目) $2064.00

PAGE TOP